皇室風のアルバム 美智子様 その2





ミッチ―は、第二子ご懐妊するも、胎児がブドウ状に奇形化し掻把することになりました。第二子ご流産(掻把)のあと、ミッチ―は、半年の静養に入ります。

その前後で、別人に、あるいはダミーと入れ替わったかもしれません。

あくまで検証ですので、ご判断は読者様の皆様にお任せします。

耳の比較について、、、

お年寄りになると、耳が長くなったり、多くなったという証言がありますが、耳の穴の位置は、頭蓋骨と関係があるので、そう簡単には移動はしないと思われます。

f:id:e-vis:20160313105443g:plain

耳の穴の位置は頭蓋骨の形で決まるので、生涯変わらないはずです。

スポンサードリンク



ただ、加齢の結果、耳と比べて顔の肉がそげたり、弛んだりしますので、その比較上、大きくなったように見えたり、長く伸びたようにみえることもあるのではとおもいます。多少、頭皮や皮膚のたるみや、重いイアリングやピアスを長年つけ続けていると、多少は伸びたりすることもあるとおもいますが、まったくの他人の耳のようにはならないと思います。

f:id:e-vis:20160218145414g:plain

あくまで参考までに。

※画像は主に、雅子様大好きさまよりお借りしてます。

http://masakosamalove.blog.fc2.com/

第二子流産後の長期御静養の【前】

1959年4月 ご成婚式

f:id:e-vis:20160218140410j:plain

第二子流産後の長期御静養の【後】

1963年7月8日

スリムで姿勢がよくなりました。首がまっすぐになってる???かな???

f:id:e-vis:20160218140843j:plain

第二子流産後の長期御静養の前

1959年4月

極端な猫背でしたね。

f:id:e-vis:20160218131622g:plain

第二子流産後の長期御静養の後

1963年11月

姿勢がよくなってますね。耳が小さくなりました。

f:id:e-vis:20160218130957j:plain

第二子流産後の長期御静養の前

1963年1月 御里帰り

f:id:e-vis:20160218140508j:plain

第二子流産後の長期御静養の後

1963年7月

鼻と顎が変りましたね。

f:id:e-vis:20160218140646g:plain

比較していきます

f:id:e-vis:20160218231300g:plain

一方、あれれ、と思う画像もあります。

1962年11月フィリピン訪問 ご流産・長期ご静養の前です。

唇が上下同じ太さでドーナツ型です。上唇の中央に「M」のくぼみがほとんどない、大きな口。シャープなとがった顎。薄手の顔立ち。華奢な体格。

f:id:e-vis:20160218131836j:plain

ちなみに、ご成婚前のみっちーです。

1959年ごろ、お妃教育時代

上唇が薄く下唇が豊かで小さな口。

f:id:e-vis:20160218134726j:plain

右目の黒目にあわせて重ねています。

耳が、、骨格が、、、、ブレブレ(笑)

f:id:e-vis:20160218135302g:plain

この人も、アレレと思う人です。特徴のある口してますね。

お化けのQ太郎のようなドーナツ唇。

小判型の耳。斜めについていますね。

垂れぎみの鼻が、今のミッチ―に似ていますが、今もミッチ―とは、耳が違います。

f:id:e-vis:20160216093652g:plain

今のミッチ―の耳は、垂直についています(左)。

この方は斜め45度に刺さっているようにして、ついてますね(右)。

f:id:e-vis:20160218132624j:plainf:id:e-vis:20160218132437g:plain

1962年8月 長期御静養前

そしてこちらも、上唇が太くて、小判型耳の美智子様

縮れ毛というのでしょうか、髪の毛の質に特徴がありますね。

f:id:e-vis:20160218140929j:plain

1962年10月 長期ご静養前

そして、この方、昭和後期の小耳の美智子様に似てます。

顔の幅が明らかに違います。整形でしょうか?口が大きいような??

f:id:e-vis:20160218131909j:plain

f:id:e-vis:20160218134523g:plain

左の黒目に合わせて重ねています。ご成婚前のミッチ―がはみ出しています。

整形かな??それとも、別人なのかな??

ご判断はおまかせします。

1963年3月22日

流産の手術のため、宮内庁病院へむかう美智子様。苦悩がうかがえます。

f:id:e-vis:20160218133031g:plain

こちらの美智子さまは、御成婚当時の耳と横顔が同じです。

f:id:e-vis:20160218132913g:plain

そして、ミッチ―は、手術のあと半年間の御静養に入ります。

それ以来、ご成婚パレードの主役となった、猫背のミッチ―のお姿は見られません(たぶん)。画像を、探してます。

もしかしたら、見つかるかもしれません。

整形しまくってて、原型をとどめてないのかも。

その時は、ご紹介しますね。

f:id:e-vis:20160216181411j:plain

f:id:e-vis:20160218142318j:plain

※伏見氏のブログよりお借りしてます。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/67256663873062c840afd277dbda69e

動画にempressと言う表現が有ったので、在日フィリピン大使館に抗議の電話を入れました。

「美智子は国際法上は、皇后でも、皇族でもなく、天皇と同居しているだけの日本の最下層出身の女ですから、Michiko syoudaと呼称を改めてください。」

大使館職員「それは、良く知っています。こちらもわかっていてああしたのです。ご理解ください」との見解でした。フィリピンもちゃんと事実を理解してくれていてよかったです。

(ここまで)

大耳のミッチ―。耳が長方形型で長い耳です。ほぼ、垂直になる形で顔についています。

f:id:e-vis:20160216123629j:plain

しかも、この人。皇室会議でみとめられ、明仁親王妃になった皇籍にある美智子さんとは、全くの別人かもしれないのね。

あくまでも噂でーす

スポンサードリンク



2016年10月22日 皇室風のアルバム 美智子様 その2 はコメントを受け付けていません。 未分類