ニャンニャン事件の高部知子の現在の画像は?劣化は?現在は何をしている?





ニャンニャン事件を起こした高部知子を覚えているだろうか。人気番組「欽ちゃんのどこまでやるの?」出身の人気グループ「わらべ」のメンバーだった高部知子。その当時は清純派で売っていた。涼やかで清楚な笑顔から男と逢瀬を重ねているイメージはどこにもなかった。

WS000120左が高部

WS000127

高部 知子(たかべ ともこ、1967年8月25日 – )は、日本女優タレント精神保健福祉士慶應義塾大学文学部哲学科(通信教育課程)卒業。東京福祉大学精神保健福祉士養成課程修了。浄土宗西山深草派教師。

東京都生まれ。幼少期病弱で、読書が趣味だった。一方で、読んだ書物の登場人物になりきって演技を試みる癖があった。

プロダクションボンド企画)にスカウトされ、1980年NHKテレビドラマガラスのうさぎ[1]』でデビュー。1982年テレビ朝日欽ちゃんのどこまでやるの!?』で「萩本家の愛娘」3人で構成されたユニット「わらべ」の長女・のぞみを演じた。1983年には、穂積隆信の家族で実際に起きた非行問題をまとめたノンフィクションをドラマ化した『積木くずし〜親と子の200日戦争』で主人公不良少女役を演じた。

でもその高部の体の異変に、当時、欽ちゃんだけは気づいていたようだった。

スポンサードリンク



番 組で、わらべのメンバーに水着で出演の企画があがった。だが、高部の少女の体つきではなくなった、成熟しきった高部の体に気付いた欽ちゃんがその企画を辞 めるように指示したというのだ。わらべはあくまでも「めだかの兄弟」を歌う純真な少女たち、でなければいけなかったからだ。

WS000118

欽どこファミリーの一員として活躍しながら、高部は「積み木くずし」という穂積隆信の家族で実際に起きた非行問題をとりあげたドラマに穂積の娘役のかおり、として主演した。WS000117

そんな芸能界で大活躍する高部に発覚したニャンニャン事件。雑誌フォーカスに性行為の後にタバコで一服しているかのような写真が掲載されたのだ。高部は積み木くずしの地をいっていたということで話題になった。この事件をきっかけに高部はすべての番組を降板した。

そ の後、芸能界での再復帰を試みたもののうまくいかず、高部は高校卒業と同時に結婚引退した。その後、夫と共にコンビニエンスストアの経営をしたりするが、 離婚結婚離婚を繰り返し、過激な写真集で芸能界復帰を試みた。まさに裸一貫での出直しをはかり、一時的には大きな話題となった。

WS000128

その後の高部にどんな心境の変化があったのだろう。色者扱いにつかれたのかもしれない。高部は2000年に慶應義塾大学の通信課程に入学。その後東京福祉大学に進学し、国家資格を取得した。

現在は認知症、依存症患者などに向けたカウンセリングを全国各地で行ったり、講演活動を行っている。

さて、そんな頑張る高部知子50歳の現在のお姿は、、、

WS000116

ふつーのおばさんに!でも目が生き生きしてます!これからもがんばってください!

スポンサードリンク



2016年8月31日 ニャンニャン事件の高部知子の現在の画像は?劣化は?現在は何をしている? はコメントを受け付けていません。 未分類