銀メダリスト伊藤みどりの繰り返された離婚と結婚、、、そして整形 鬱とたたかった人生





伊藤みどり、、、小さな巨人とはまさに彼女のことをいうのではないだろうか。145cmの小さな体にパワフルなジャンプ。1992年の銀メダリストである。実力は金メダリストを上回っていた。彼女の技術は現在でも通用するくらいすごいものであった。

WS000106

スポンサードリンク



手足が長くスタイルのよい外国人選手との戦いは145cmであまりスタイルがよいとはいえない伊藤みどりにとっては不利な戦いであった。しかし「ゴムまり」と揶揄されながらも、伊藤は持ち前のジャンプ力で海外の選手と互角にたたかった。

WS000105

伊藤 みどり(いとう みどり、1969年8月13日 – )は、日本フィギュアスケート選手(女子シングル)。愛知県名古屋市出身。東海女子高等学校(現、東海学園高等学校)、東海学園女子短期大学卒業[1]

1992年アルベールビルオリンピック女子シングル銀メダリスト。1989年世界選手権優勝。1988年カルガリーオリンピック5位入賞。1985年から1992年まで全日本選手権8連覇。女子選手として世界初の3回転アクセルや3回転-3回転連続ジャンプに成功した。

1989年に「もっとも高得点をとったフィギュアスケーター」としてギネスブックに掲載[2]。2004年には、日本人として初めて世界フィギュアスケート殿堂入り。2007年、国際スケート連盟 (ISU) は「伊藤はたった一人の力で女子フィギュアスケートを21世紀へと導いた」[3]との声明を発表した。

さて、伊藤みどりであるが、現在はどうしているのだろうか。メダリストはその後もその栄光により幸せになってるのだろうか。

まず、顔である。伊藤は現役のとき、ブスとよく言われていた(実際はそんなことはない)、本人も気にしていたようで、彼女は引退後、顔にメスをいれたようである。

WS000103

その変貌ぶりに驚いたファンは多かった。その顔は進化を続け、現在は↓のように。。。

WS000104

どこまで直したら気がすむのだろうか。

そして顔をいじった伊藤みどりの私生活はどうなのだろうか。

伊藤みどりは2004年に劇団員の八巻大と結婚。しかしみどりの鬱により結婚生活は2年で破綻。顔をなんども直したり、精神は安定していなかったのであろう。

そしてみどりは2009年、一般の方と再婚した。いまは小さな子供たちにスケートを教えたり、主婦としての穏やかな生活をたのしんでいるようだ。鬱が再発しないでこのまま穏やかに暮らしていただきたい。

そしてまた解説者としてテレビでその顔をみせてほしい。


スポンサードリンク



2016年8月24日 銀メダリスト伊藤みどりの繰り返された離婚と結婚、、、そして整形 鬱とたたかった人生 はコメントを受け付けていません。 未分類